ノヴェレ Die Novelle

ゲーテの短編『ノヴェレ』について紹介することになり、久しぶりに読み返した。今回読んだのはポプラ社の百年文庫に収録された(もともとは人文書院版全集に収録)内藤濯訳である。この文庫にはムシルとアナトール・フランスの短編も入っている。

 

百年文庫「城」

ポプラ社、2010年

 

 

 

『ノヴェレ』はもともと『ヘルマンとドロテーア』の対作品となる叙事詩として『狩』というタイトルで構想された(1797年3月23日)。ホメーロス風ヘクサーメターの叙事詩が『狩』に適した形式であるか疑問が生じ、長期中断を経て1826年10月に再開、1827年2月に散文として完成、1828年に出版された。

 

1827年1月18日

私はいま散文でみごとに書きあげた。

対話

 

1827年1月18日

この短編の筋の進行を比喩であらわすとすると根から一本の緑の植物が芽生えてゆくところを想像してみるとよい、その植物はしばらくの間しっかりした茎からつやつやした緑の葉を四方八方へのばして、最後に花をつける。花は思いがけなく意外なものだったかもしれないが、まさに咲くべくして咲いたのだ。そればかりではない。そもそも緑の葉は花のためにあったので、花が咲かなければ骨折り損というものだ。

 

押えつけたり、克服したりすることのできないものは、力によって無理にねじ伏せるよりは、愛情や敬虔な感情の助けをかりて制御した方がよいということを示すのが、この小説の課題だったのだ。そうして、子供と獅子の姿にあらわされるこの美しい結末が、私を刺激してこの作品の完成に向わせたのだ。

対話

 

1827年1月29日

この短編小説にどんな題をつけたらよいか、ということであった。あれこれ題名をあげてみたがどうもしっくりこない。「どうかね」とゲーテはいった、「われわれは、これに『ノヴェレ』という題をつけようではないか。そもそもノヴェレとは、にわかに起こった前代未聞の出来事にほかならないからなのだ。これが本来の概念だ。

対話

 

1829年1月10日

(『ノヴェレ』は)私の存在のもっとも深いところから生れてきた。

書簡

 

トリノで狂気に陥る2ヶ月前、ニーチェは子供の頃に読んだ『ノヴェレ』の印象を書き残していた。

 

それは『獅子の短編』によるもので、奇妙なことに私がゲーテという存在を知った最初だった。それは一挙に「ゲーテ」という私の観念、私の嗜好をきめてしまった。澄みきった秋の味わい、物もなが熟れていき、 ―ひたすら心待ちに待っている気配、至上の霊的なものさえ漂うような十月の日ざし。金色で甘美で、やわらかな或るもの、決して(ゲーテがよく喩えられるような)大理石ではない、― そうしたものを私はゲーテ的と呼ぶのだ。

1888年11月

 

 

舞台

神聖ローマ帝国からナポレオンによる占領を経て、ヴィーン体制(1815)により成立したドイツの領邦国家の一つで、侯爵が統治する候国 Fürstentum。ここでは先代からドイツ的で理想的な国家運営がされている。

 

時期

秋はかなり深いものの、収穫が終わり狩がまだできる時期。おそらく10月頃で、ドイツ人はこの時期を「ゴールデンオクトーバー」と呼び、春に次いでこの季節の到来を喜ぶ。

 

10月

 

「にわかに起こった前代未聞の出来事」

現代の感覚からすると想像が困難な「機織りの音が騒音」と言われた時代には、町に起こった突然の火事、目の前に突然現われる猛獣は十分に「にわかに起こった前代未聞の出来事」となりうる。

 

しかし、本当の「前代未聞の出来事」は外的な事件でなく人間の内面に起こったことで、だからこそ「私の存在のもっとも深いところ」から生まれた。そのヒントになる記述が2カ所ある。

 

真昼どきになると、牧羊神が眠るので、その眠りをさまさないように、全自然が息をこらすのだと、古代の人たちは言ったが、その真昼どきの常として、あたり一帯はのどかに静まりかえっていた。(122)

 

「大いなる正午」、真昼どきは午前でも午後でもない特異的な瞬間である(これとよく似た瞬間が夏至の日になる一瞬)。世界のどこにも属さないこのような時間だから、外的な事件をきっかけとして人間のなかに存在不安ともいえる深淵が現われる。

 

侯爵は、さきほどからわが身を脅かしていた禍いの全貌が、今やっと呑みこめたような思いで、よりそうている奥方の方を見やった。(149)

 

この一節は事件を終息させるためにどういう方法をとるのか、という侯爵の問いに見世物興行主が子供に歌と詩で解決しますと実演し、皆が感動した後に出てくる。聡明な侯爵であれば、事件の報告がされた時点で全貌を把握できるのに、今やっと理解できたのはそれが外面的な危機ではなく内面に起こった存在不安の危機だったからである。

 

ライオンを宥めるために子供が歌う歌は、ダニエルの物語を下敷にしている。4連あり、第1連の単語を入れ替えながら意味を大きく変えず、新たにしていくのがまるで変奏曲を聴いているかのようである。翻訳も難しいに違いない。

 

第1連はダニエルの奇蹟を歌う。預言者はつつましい心で歌い、洞穴の獰猛なライオンを宥める。天使は預言者をはげます。ライオンはその歌に心を打たれ、おとなしくなる。

 

第2連は進行中の状況、子供がライオンを前にダニエルのようにつつましい心で歌う。ダニエルのときと違うのは、天使は子供の周りにいるが、何もしない「もう務めはおわったのです」。

 

第3連はライオンを宥めることができた愛の力を讃える。

 

第4連はつつましい心と歌の調べが猛獣をおとなしく従わせたと歌う。

 

預言者ダニエルは神と交流できた時代であったが、フランス革命後を生きる子供(現代人)には神からの関与はない。現代人はつつましい心と歌(詩と音楽)の力だけで難局を乗り切らなければならないし、そうすることができる、というのがゲーテの考えであった。ここで「前代未聞の出来事」の本質が何であったのか、侯爵がこの歌を聴いたあと、はじめて事件の全貌がのみこめたのかがわかってくる。

 

『ノヴェレ』の数年後、ついに完成された『ファウスト』の「神秘の合唱」には「書き得ぬことが、ここにて成就された」と歌われる。『ファウスト』に先だって『ノヴェレ』のなかで成就された。

 

ドイツ語の副読本として、朝日出版社から『ノヴェレ』が出ていた。

Johann Wolfgang von Goethe Novelle、木村直司編、Asahi Verlag、1984.

 

ドイツ語原書はAmazonの電子書籍が無料、Gutenberg projectにも収録されている。

 

YouTubeには朗読が複数アップロードされている。朗読は1時間弱、日本語訳はだいたい30分以内で読むことができる。

 


四月のさかな

 

久しぶりにダロワイヨの限定サブレ「四月の魚」を入手できた。1年のこの時期しかいない貴重種の魚である。

 

 

 

 

わかばの鯛焼きと共に必需品となるかもしれない。

 

 

『四月の魚』といえば

 

 

年間通じて魚であり続ける

 

 


シャラントの川辺

大きな塔に小さな塔、コーンのような屋根

 


シナノゴールド

というわけで、早速シナノゴールドを買ってきた。

 

今の季節もうなくなっているのではという危惧はあったものの、晩成種のせいか長野物産館に沢山あり、形の良いものを2個選べた。

 

 

つやつや

 

 

黄色というよりは緑がかっている

 

同時にジャムもゲット

 

シナノゴールドは長持ちするのも特徴なので、しばらく観賞用のりんごとなっている。

 


りんご

世界有数のりんご生産地が南チロル一帯である。実際何キロも続く果樹園の傍を、これがりんごではなく洋梨であったらと思いながら通り過ぎた記憶がある。

つい先日、長野県で作出された「シナノゴールド」が南チロルに移植され育てられていることを知った。さらに今週のニュースで南チロル産「シナノゴールド」が欧州デビューを果たしたという、日本農業新聞の記事も読んだ。

記事によると長野県と連携したのは南チロル果物生産者協同組合、ヴァルヴェノスタ協同組合の二つで、種苗の利用許諾契約を結んで試験栽培を2007年から行なっていたということである。

 

ヴァルヴェノスタ(ドイツ語読みでフィンシュガウタール)は、中心に聖プロコロ教会のある渓谷だった。今まで訪れたなかでここほど祝福された土地はないと思うくらい天気がよく(実際1年のうち300日は晴れる)、北のチロルと違って豊かな地域である。聖プロコロ教会の周りもりんごの果樹が取り囲んでいた。

 

プロコロ教会とりんご

 

聖プロコロは畑作物、家畜、果樹の守護聖人だから「シナノゴールド」もプロコロの祝福を受けるに違いない。

 


懐中最中

小さい頃に一度だけ食べる機会があったきり、その後ずっと見ることもなかった懐中最中をうさぎやで発見した。お湯さえあればお汁粉になる優れものの最中である。

 

正月らしく紅白で1セットの懐中最中

 

 

お湯を注ぐと(3分間待たなくてよい)

 

簡単にお汁粉が出来上がる

 

見かけは最中で中に粉末化した餡が入っている。お湯を注ぐと最中の皮部分がお餅のようになりお汁粉となる。普通に作るお汁粉に迫る味で、懐中だから携帯もできる。

 

調べてみると懐中最中はそれほどレアではなく、形もさまざま。記憶を頼りに思い出してみると小さい頃食べたのは今川焼風の形をしていた。有名なのは文明堂、虎屋も懐中汁粉という名前で出していた。今まで虎屋には何度も行っているはずなのに懐中最中には全く気がつかなかった。

 


古い通り

これまでショーソンに関する本はフランスでもほとんど出版されてなくて、1967年のジャン・ガロワのものがいまだに唯一のまとまった評伝のようである(R. S. Groverの英語版もあるらしい)。

 

若い頃からマダム・ド・レイサックのサロンの常連だったことは知られているが、本のなかにサロンの所在地について記述があり初めて場所がわかった。早速地図でみると、サン・シュルピス教会とリュクサンブール公園の間にある一区画であった。通りに詳しいfr.wikipediaをみると、同じ通りの13番はリトグラフの発明家ゼネフェルダーが店を出していたこともわかった。

 

ルドンが転写紙を用いてリトグラフを制作する方法を教わったのは同じサロンの常連ファンタン・ラトゥールからであり、最初の石版画集『夢のなかで』も予約購入したのはサロンのメンバーが中心だった。

 

この頃まで石版画のブティックがあったかどうかはわからないが、偶然とはいえリトグラフの発明家とその技法で最高の作品をのこした版画家が同じ通りに関わっていたことが、コスモポリス都市パリならではのことに思える。

 


近所パフェ

カレンダーで考えると季節から外れてしまっているが、天気がよいのでおやつはパフェになった。

 

 

コンビニで見かけたプラ容器に入ったものを除けばパフェは持ち帰りができない。どうしてもこちらからカフェに出向くことになる。今回は近所のカフェのバナナパフェ。

 

 

外は寒くても若干効き過ぎの暖房のせいでパフェがおいしく感じられる。

 

 


フルーリス通り27番

パリ左岸に建つ古いアパルトマン、調べていたらここに過去住んだ人たちに次々と行き当たった。



27 Rue de Fleurus, Paris

このアパルトマンには既に名声を得ていたジャン=レオン・ジェローム(1824-1904)が住んだ(1846〜1854)。この時期に代表作のいくつかを描いている。後にブリュッセル通りに引越した。短期間ながらルドンが師事したのはジェロームの私塾だった。

少し間をおいて1882年に、画家を志してポーランドから来たアンナ・ビリンスカ(1857-1893)が住んだ。地元ポーランドでは既に絵画展に出品したりしていたが、パリに来てジュリアン・アカデミーで研鑽を積む。経済的に厳しい状態だったが医者の父親が亡くなるといよいよ窮乏し、ジュリアン・アカデミーで教えるようにもなる。1892年に結婚してワルシャワへ転居した。ここでパリのようなアカデミーを開こうとするが、心臓発作で1893年に亡くなる。36歳だった。


自画像、アンナ・ビリンスカ

ビリンスカと入れ違いのように入居したのがルドンだった(パリで住んだ場所)。子供も生まれ、故郷からの送金も途絶えがちで窮乏気味だったので、ビリンスカが引越して空いた部屋だったのかもしれない(これは未確認であるが、画家であれば同じ条件の部屋に入る可能性はある)。1年ほど暮らしてルガール通りに引越した。送金が止まりいよいよ窮乏の度合いが強くなり、家賃が高く思えたのかもしれない。

このアパルトマンを決定的に有名にしたのはルドンではなく、1903年以降レオンとガートルードのスタイン兄妹が住んでからだった。特にガートルードはマティス、ドラン、ピカソ、ブラックといった当時の現代絵画を収集し、部屋にはルドンの作品(花)もあった。特にピカソの『アヴィニヨンの娘たち』は制作途中を目にした数少ない一人で、肖像画も描いてもらっている。


ガートルード・スタイン、後ろにピカソが描いた肖像、撮影はマン・レイ

アパルトマンのサロンには画家だけでなく、作家が数多く出入りしていた。スタインは第二次世界大戦が始まるまでアパルトマンに住んだ。

ジェロームやスタインが住んだのは家賃が高く広い部屋で、ビリンスカやルドンが住んだのは、より安い上の階だったのかもしれない。

かげろう

おやつを買って帰ってきた途中でみつけた。
緑があざやか。



クサカゲロウという種類らしい。
幼虫はアブラムシを大量に食べてくれるという。

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM