シナノゴールド

というわけで、早速シナノゴールドを買ってきた。

 

今の季節もうなくなっているのではという危惧はあったものの、晩成種のせいか長野物産館に沢山あり、形の良いものを2個選べた。

 

 

つやつや

 

 

黄色というよりは緑がかっている

 

同時にジャムもゲット

 

シナノゴールドは長持ちするのも特徴なので、しばらく観賞用のりんごとなっている。

 


りんご

世界有数のりんご生産地が南チロル一帯である。実際何キロも続く果樹園の傍を、これがりんごではなく洋梨であったらと思いながら通り過ぎた記憶がある。

つい先日、長野県で作出された「シナノゴールド」が南チロルに移植され育てられていることを知った。さらに今週のニュースで南チロル産「シナノゴールド」が欧州デビューを果たしたという、日本農業新聞の記事も読んだ。

記事によると長野県と連携したのは南チロル果物生産者協同組合、ヴァルヴェノスタ協同組合の二つで、種苗の利用許諾契約を結んで試験栽培を2007年から行なっていたということである。

 

ヴァルヴェノスタ(ドイツ語読みでフィンシュガウタール)は、中心に聖プロコロ教会のある渓谷だった。今まで訪れたなかでここほど祝福された土地はないと思うくらい天気がよく(実際1年のうち300日は晴れる)、北のチロルと違って豊かな地域である。聖プロコロ教会の周りもりんごの果樹が取り囲んでいた。

 

プロコロ教会とりんご

 

聖プロコロは畑作物、家畜、果樹の守護聖人だから「シナノゴールド」もプロコロの祝福を受けるに違いない。

 


懐中最中

小さい頃に一度だけ食べる機会があったきり、その後ずっと見ることもなかった懐中最中をうさぎやで発見した。お湯さえあればお汁粉になる優れものの最中である。

 

正月らしく紅白で1セットの懐中最中

 

 

お湯を注ぐと(3分間待たなくてよい)

 

簡単にお汁粉が出来上がる

 

見かけは最中で中に粉末化した餡が入っている。お湯を注ぐと最中の皮部分がお餅のようになりお汁粉となる。普通に作るお汁粉に迫る味で、懐中だから携帯もできる。

 

調べてみると懐中最中はそれほどレアではなく、形もさまざま。記憶を頼りに思い出してみると小さい頃食べたのは今川焼風の形をしていた。有名なのは文明堂、虎屋も懐中汁粉という名前で出していた。今まで虎屋には何度も行っているはずなのに懐中最中には全く気がつかなかった。

 


古い通り

これまでショーソンに関する本はフランスでもほとんど出版されてなくて、1967年のジャン・ガロワのものがいまだに唯一のまとまった評伝のようである(R. S. Groverの英語版もあるらしい)。

 

若い頃からマダム・ド・レイサックのサロンの常連だったことは知られているが、本のなかにサロンの所在地について記述があり初めて場所がわかった。早速地図でみると、サン・シュルピス教会とリュクサンブール公園の間にある一区画であった。通りに詳しいfr.wikipediaをみると、同じ通りの13番はリトグラフの発明家ゼネフェルダーが店を出していたこともわかった。

 

ルドンが転写紙を用いてリトグラフを制作する方法を教わったのは同じサロンの常連ファンタン・ラトゥールからであり、最初の石版画集『夢のなかで』も予約購入したのはサロンのメンバーが中心だった。

 

この頃まで石版画のブティックがあったかどうかはわからないが、偶然とはいえリトグラフの発明家とその技法で最高の作品をのこした版画家が同じ通りに関わっていたことが、コスモポリス都市パリならではのことに思える。

 


近所パフェ

カレンダーで考えると季節から外れてしまっているが、天気がよいのでおやつはパフェになった。

 

 

コンビニで見かけたプラ容器に入ったものを除けばパフェは持ち帰りができない。どうしてもこちらからカフェに出向くことになる。今回は近所のカフェのバナナパフェ。

 

 

外は寒くても若干効き過ぎの暖房のせいでパフェがおいしく感じられる。

 

 


フルーリス通り27番

パリ左岸に建つ古いアパルトマン、調べていたらここに過去住んだ人たちに次々と行き当たった。



27 Rue de Fleurus, Paris

このアパルトマンには既に名声を得ていたジャン=レオン・ジェローム(1824-1904)が住んだ(1846〜1854)。この時期に代表作のいくつかを描いている。後にブリュッセル通りに引越した。短期間ながらルドンが師事したのはジェロームの私塾だった。

少し間をおいて1882年に、画家を志してポーランドから来たアンナ・ビリンスカ(1857-1893)が住んだ。地元ポーランドでは既に絵画展に出品したりしていたが、パリに来てジュリアン・アカデミーで研鑽を積む。経済的に厳しい状態だったが医者の父親が亡くなるといよいよ窮乏し、ジュリアン・アカデミーで教えるようにもなる。1892年に結婚してワルシャワへ転居した。ここでパリのようなアカデミーを開こうとするが、心臓発作で1893年に亡くなる。36歳だった。


自画像、アンナ・ビリンスカ

ビリンスカと入れ違いのように入居したのがルドンだった(パリで住んだ場所)。子供も生まれ、故郷からの送金も途絶えがちで窮乏気味だったので、ビリンスカが引越して空いた部屋だったのかもしれない(これは未確認であるが、画家であれば同じ条件の部屋に入る可能性はある)。1年ほど暮らしてルガール通りに引越した。送金が止まりいよいよ窮乏の度合いが強くなり、家賃が高く思えたのかもしれない。

このアパルトマンを決定的に有名にしたのはルドンではなく、1903年以降レオンとガートルードのスタイン兄妹が住んでからだった。特にガートルードはマティス、ドラン、ピカソ、ブラックといった当時の現代絵画を収集し、部屋にはルドンの作品(花)もあった。特にピカソの『アヴィニヨンの娘たち』は制作途中を目にした数少ない一人で、肖像画も描いてもらっている。


ガートルード・スタイン、後ろにピカソが描いた肖像、撮影はマン・レイ

アパルトマンのサロンには画家だけでなく、作家が数多く出入りしていた。スタインは第二次世界大戦が始まるまでアパルトマンに住んだ。

ジェロームやスタインが住んだのは家賃が高く広い部屋で、ビリンスカやルドンが住んだのは、より安い上の階だったのかもしれない。

かげろう

おやつを買って帰ってきた途中でみつけた。
緑があざやか。



クサカゲロウという種類らしい。
幼虫はアブラムシを大量に食べてくれるという。

キヒヒヒ


ベル・エポック時代の音楽

先月、浜離宮ホールでの反田恭平リサイタルのうちドイツ音楽を中心としたプログラムを聴いた。アンコールは意外にもドイツ音楽ではなくショパンとシャブリエの小品だった。

偶然にもベル・エポックと呼ばれた時代のフランス音楽についての本を2冊みつけた。


ベル・エポックの音楽家たち
フランソワ・ボルシル著、安川智子訳、水声社、2016年

ドビュッシーやラヴェルの影に隠れてしまった多くの音楽家たちについて詳しい。おおよそ時間軸に沿ったトピックスを章立てして冒頭に関連の深い写真を掲載している。「使徒行伝」と題された章はスコラ・カントルムにあてられ、その章扉に選ばれた写真は興味深い。



うろ覚えながら、この写真はスコラ・カントルム最初の卒業生の写真と記憶している。中央に座っているのがスコラの校長で厳格なヴァンサン・ダンディで、教え子たちはきちんと並んでいる。その状態をエスプリに富んだ説明をしている。

風刺画(前章)の次は、学級写真を見てみよう。ここに写るのは完全なるシンメトリーである。フランクに続くフランキズムは、堅苦しくて規律正しく、幻覚で清教徒的な風采を帯びていたが、それを体現しているのが中心に座る人物、大司祭のヴァンサン・ダンディである。(p47)

この写真のなかで、シンメトリーを崩している人物がいる。一人横を向いているセヴラックである。

写真の中で、デオダ・ド・セヴラックはシンメトリーを崩している。秩序を乱しているのだ。カメラをじっと見つめるかわりに、右横顔を向け、別のところを眺めている。彼の短い生涯のうち七年間を過ごすことになったこのスコラからはもうはるか遠いところにいる。(p52)

その後は既に知っていることが書かれているが、少ないスペースのなかで簡潔に記述されている。

シャブリエとユイスマンスは共に内務省に勤め、机が向いあわせだったのは、この本で初めて知った興味深いことだった。

ドビュッシーやラヴェル以外にも素晴らしい音楽家がこの時代大勢いたことを本書では伝えようとし、巻末にそれらマイナーな作曲家のミニ辞典(いまだ日の目を見ぬ作曲家たち)がついている。限られた紙面のせいか、セヴラックはここに登場しているがシャブリエとボルドは登場していない(その代わり『夾竹桃のもとで』に登場する)。ラヴェルをさしおいてローマ賞を受賞したエメ・キュンクは再評価され始めているのに本文にも登場していない。それでも、この時代の音楽家を知るにはちょうどよい本である。

もう一冊もタイトルは『ベル・エポックの音楽』であるが、先の本と違いフォンフロワド修道院という小さくも大きな限定がついている。



Mario d’Angelo
La musique a la Belle Epoque
Le Manuscrit Recherche-Univers, 2013

この修道院は過去の記事に書いたような歴史があり、ファイエによる復興の直前から1914年まで、1910年のヴァカンス(エリオガバル初演もこの間にあった)を中心に、壁画を制作していたルドン、セヴラックやビニェスについて多く割かれている。フランス語なのでまだ詳しく読んでいないが、とても興味深い。

ブレンダン関連本

designing the Secret of Kells
Tomm Moore & Ross Stewart
Cartoon Saloon, Ireland, 2014.

映画公開(2009年)後の2014年に出版された、アニメの原画/設定資料をもとにしたデザイン本。これまでもストーリーブックのようなものが出版されていたが、この本については最近まで出版されていたことを知らずにいた。Amazon(JP)で新刊本はなく(当時、今は出ているが高い)古書で出ていたものも価格はかなり高く、洋書店を通じて入手することにした。アイルランドに在庫があることがわかり直接取り寄せ、途中夏休みが入ったので1.5ヶ月ほどかかった。価格はAmazonよりかなり安かった。


表紙


太古のヨーロッパの森に建てられた修道院はきっとこんな感じ

アニメのプロジェクトが開始したのは1999年、日本の商業アニメと違ってたっぷり10年の時間をかけて制作された。


キャラクターは『ケルズの書』をもとにデザインされた

ジブリやディズニーなど大作アニメと同じく、いったん設定されていたものが削除や変更されてしまって目にすることがなくなった部分も多い。膨大な量のデザインから制作されたことがわかる。最初の頃はかなりヨーロッパのコミック調だったようである。

初期(1999年)のイメージ

特にこのアニメでは『ケルズの書』のXρページ(最後に登場)を再び描き、しかも動かさなければならないからその部分だけでもかなりの労力がかかっている。最終的にアニメ作品が素晴らしいのは、観る者にとってそういった裏の苦労が感じられないところにある。

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM