ヴェネツィアガラスの洋梨

晴れで午後の少しの時間だけ、窓辺にあるガラスの洋梨に陽が射す。
そのとき、洋梨は出自を誇示して輝く。


洋梨が香る

初めて椿山荘のアフタヌーンティーに行ったのは2年前のこどもの日、ロンネフェルトの紅茶だからというのが理由だった。

そのロンネフェルトに Fruity white というお茶がある。



フレバリーティーの一種で、洋梨入り!説明書きには洋梨がトップにきている。



洋梨と桃の香りが共通するので、プチ・シェリーと似た香りがしている。





もともとロンネフェルトを国内で初めて飲んだのは金谷ホテルに泊まったときだった。今はない「眠り猫プラン」は、ロンネフェルトのスリーピングティーポットが部屋で迎えてくれるというプランだった。

椿山荘のロンネフェルトから洋梨の香りがつながり、アニック・グタールのプチ・シェリーになるというのは多少出来過ぎた話なのかもしれない。

満開

ラ・フランス盆栽についた花が満開になった。




ビオラも


ラ・フランス 夜

春の嵐になるというので、ラ・フランスは家の中に避難している。



今週は雨が多い。ラ・フランスの花も寒くて開こうとしない。




ラ・フランスの蕾

この紅色がもう少しすると消え、白い花になるのがいつも不思議。



花芽

今年もラ・フランスに花芽がついた。



ラ・フランス

12月に葉っぱが落ちて以来枯れ枝のようだったラ・フランスの木に、ようやく新芽がついた。


輝く洋梨と後ろ向き

銀の洋梨



ぎょうざの後ろ



洋梨時計

ホーキングによると、時間は洋梨の形をしているという。また、アウグスティヌスの時間認識を支持している。
そのアウグスティヌスが豚にぶつけるため果樹園から盗んだのが洋梨の実だった。


洋梨時計

アウグスティヌスは終生その盗みを悔いていた。

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM