<< ローエングリンの謎 | main | 超訳本 >>

松江城


松江城が国宝に指定されるというニュースがあった。

昨年初めて出雲と松江に行き、保存状態のよい独特の建築をみると、国宝に指定されていないことが不思議だった。



お城と城下町は、小さい頃からよく遊びに行った松本城が自分のなかで基準となっている。その頃は現在復元されている諸施設がまだない状態で、冬の夜連れて行ってもらったとき、堀のお化け話を聞かされたこともあって、昼間の賑やかさとは別の寂しい印象もあった。



松江城は建物自体の高さは松本城より低いが、山の上にあるので見晴らしはとてもよい。攻め込まれたとしても、とても有利な位置にあるのがよくわかる。



松江城は堀周りがとてもよく残っていて、しかもヴェネツィアやブリュージュのような水の都的な雰囲気もある。これは松本城にはない。


雨降り


お城があると城下町が形成し、文化も発展する。現代になってもモニュメントのある町は市民の意識が高いような気がする。松江は特に食文化が豊かで、鯛茶漬けは素晴らしかった。


みな美の鯛茶漬け



スポンサーサイト

  • 2017.09.03 Sunday
  • -
  • 21:42
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM