<< 100e anniversaire de sa mort | main | 不安定な天気 >>

スポンサーサイト

  • 2019.06.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


La Boîte à musique

プロイセン芸術アカデミーで作曲を教えていたシェーンベルクは1933年に公職を追われ、同年アメリカに亡命した。亡命先でも教職につき、翌年にケージが弟子入りした。弟子入りのとき「音楽を書くためには、和声の感覚を持たなければならないが君には和声の感覚がない」とシェーンベルクに言われ、本人も全く持っていないことを認めた。

西洋音楽がグローバル化したので、西洋的和声が普遍的なものと錯覚してしまうが、和声感覚はヨーロッパの地域的で独特なものであることを、この頃実感している。このような文化で出るべくして出たのがオルゴールだった。

現在のオルゴールの大半は工業的に生産され、数の上ではサンキョー(現日本電産サンキョー)、伝統の上ではリュージュ社(サン・クロワ、スイス)が圧倒している。
今年はオルゴールが発明されて220年、昨年はリュージュの創設者シャルルが製造を始めて150年と重なったためか(なぜかスイスではなく)フランスから記念切手が発行された。


Timbre 2015, France

リュージュ社のオルゴールのなかで気になっているのが「カルテル・サブライムハーモニー」Cartel Sublime Harmony と名付けられた製品で、特にその名前の由来についてだった。そこで Cartel について Larousse や Dictionnaire de l'Académie française で調べてみると、時代順に騎士の武器を飾るモットー入りプレート、騎士の挑戦状、時計の装飾または時計そのもの、壁面装飾、企業協定、企業連合などで、最後の意味は19世紀にドイツ語から加わった。目的のオルゴールに関連する意味は見いだせなかった。ふと Carillon の縮小形ではないかと思い調べていくと、結果的にそうではなかったが代わりに le type cartel dont le barillet est parallèle au cylindre ; il tient son nom du fait que dans les premiers temps, il était placé dans les socles de pendules appelées « cartel ». Par extension, le mouvement à musique a gardé ce nom. という一文を見つけた(wikipedia.fr)。Cartelタイプの時計に入れたことが始まりらしい。


Cartel(装飾)


カルテルタイプの時計 Musisque grand cartel d'époque Louis XV
Denis-Frederic Dubois, Paris, c.1765-70


櫛歯になる前のシリンダーオルゴールが組み込まれている

演奏機械としてのカルテルを調べてみると19世紀前半に遡り後半にはスタイルが固定されたようである。20世紀に入るとオルゴールそのものが衰退するのにあわせて消滅、1980年代にリュージュ社が往年の技術を復活させた。これが現在のカルテルで、他では生産していない。ただしリュージュ社の呼称「カルテル」は19世紀的な定義と必ずしも一致しないかもしれない。


オルゴール切手のドキュマン、バックにカルテルタイプが印刷されている


ドキュマンの裏はリュージュ製品の分解図

リュージュのカルテルの特徴は、櫛歯72弁×2、大型のニッケルメッキされたシリンダー、ねじ巻きではなくラチェット式のゼンマイで、通常は4曲演奏可能である。リュージュ製品にはもう一つ72弁×2のシリーズがあり、そちらはねじ巻き式でシリンダーの直径も小さい。


Cartel Sublime harmony, Catalogue de Reuge

その後、Cartelの詳細なサイトを見つけた。それによると上記のような形態が特徴となっていて、大型のオルゴールに採用されている。


72×2=144弁の櫛歯


巻き上げ用ラチェットとゼンマイが入ったカラム




連結歯車


シリンダー


膨大な数の植え込まれたピン

次いで、Sublime harmony は、直訳すると「崇高なハーモニー」、日本のいくつかのサイトでは「左右に振り分けてステレオ効果を出す」、「同じ調律の櫛歯を複数枚使う」といった記載している。出来るだけ出典に遡りたくてフランス語のサイトを見ていくと、「同じ調律」ではなく僅かに調律をずらした2枚の櫛歯を使って金属的な響きのない滑らかな音を表現する、サン・クロワのシャルル・ペラールによる1874年出願の特許が見つかり、それがSublime harmony の完成形らしい。



「僅かに調律をずらす」感覚がとても興味深い。これで思い出すのがチェリビダッケが変ホ長調シンフォニー(ブルックナー)の冒頭に出てくるトレモロを、隣の奏者と違うピッチで弾くよう指示し、その結果まるで違った効果を得ていたことであった。


高音の櫛歯は振動し易くするため薄くなっている


低音側は調節用の鉛がついている

最近読んだ倍音についての本(『倍音』音・ことば・身体の文化誌、中村明一、春秋社、2010年)で、倍音には整数次倍音と非整数次倍音があり、僅かにずれた音は非整数次倍音にあたる。オルゴールは基本的に整数次倍音が豊かであることは知られているが、サン・クロワの職人はその先の感覚を持っていたようである。和声的にみてもたいへんおもしろいので、セヴラックやミケランジェリも夢中になったのかもしれない。




オルゴール独特の機構


軸受はルビー



スポンサーサイト

  • 2019.06.28 Friday
  • -
  • 22:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM