<< ブックレット | main | ブレンダン関連本 >>

スポンサーサイト

  • 2019.06.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


おまけ

ふくろうを買うともれなく陶製のメダルがついてくる(初回のみ)。古代ギリシアの銀貨からとられたデザインであるが、ちょっとした秘密がある。


メダル


ギリシアの銀貨、ふくろう違い、グリプトテーク

全体が白っぽいので、反射光ではコントラストが低くてよくわからないが、透過光でみると、はっきりみえる。


透過光

リトファン(薄胎磁器)というのだそうで、19世紀初めに陶板肖像画としてパリでつくられた。磁器の半透過する性質を利用してろうそくのスクリーンとして利用されたという(以上ヘレンド展図録2000年から)。家にも陶板肖像画があったので試したところ、セピア色の肖像画が浮かび上がった。


リトファン、ザクセン・フラワー


透過光

ふくろうは夜の鳥なので、闇に浮かぶ姿にリトファンは合っているように思える。

スポンサーサイト

  • 2019.06.28 Friday
  • -
  • 20:25
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM