<< 懐中最中 | main | シナノゴールド >>

りんご

世界有数のりんご生産地が南チロル一帯である。実際何キロも続く果樹園の傍を、これがりんごではなく洋梨であったらと思いながら通り過ぎた記憶がある。

つい先日、長野県で作出された「シナノゴールド」が南チロルに移植され育てられていることを知った。さらに今週のニュースで南チロル産「シナノゴールド」が欧州デビューを果たしたという、日本農業新聞の記事も読んだ。

記事によると長野県と連携したのは南チロル果物生産者協同組合、ヴァルヴェノスタ協同組合の二つで、種苗の利用許諾契約を結んで試験栽培を2007年から行なっていたということである。

 

ヴァルヴェノスタ(ドイツ語読みでフィンシュガウタール)は、中心に聖プロコロ教会のある渓谷だった。今まで訪れたなかでここほど祝福された土地はないと思うくらい天気がよく(実際1年のうち300日は晴れる)、北のチロルと違って豊かな地域である。聖プロコロ教会の周りもりんごの果樹が取り囲んでいた。

 

プロコロ教会とりんご

 

聖プロコロは畑作物、家畜、果樹の守護聖人だから「シナノゴールド」もプロコロの祝福を受けるに違いない。

 


スポンサーサイト

  • 2017.07.17 Monday
  • -
  • 23:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM