<< 伊勢2 | main |

伊勢の神楽舞

今回楽しみだったのが舞楽の上演で、毎年春(GW)と秋の2回一般公開されている。今年の演目のなかには、難しいために滅多に上演されず35年ぶりになる(左方抜頭)ものもあると、地元のニュースで知った。

 

出雲でも地元の神楽舞をみる機会はあったが、伊勢ではどんな舞なのだろうか。

 

出雲の神楽舞

 

今年の演目は『振鉾』、『左方抜頭』、『胡蝶』、『長慶子』(管絃のみ)。

 

舞台は野外で雨天のときは室内になる。火炎のような大きな太鼓が一対あり、普通の神楽と違うことを強調している。。

 

舞台

 

舞人たちが舞台に上がる前に管絃の演奏が始まる。龍笛の豊かな(西洋的でない)和音。『振鉾』は槍を持って舞うことから舞台を浄める意味があるようにみえる。

 

振鉾

 

次の『左方抜頭』は奈良の古い寺院でみたような西域風の面をつけて舞う。素人目にも、難しい舞であることが感じられる。

 

左方抜頭

 

ヨーロッパだったら春を告げるのはヒバリかつぐみ、日本の春は『胡蝶』、萌黄色の衣裳と山吹の花束が春らしい。『胡蝶』は平安時代、藤原忠房作曲の敦実親王振付で純和風の舞。この時代に完成度の高い舞楽があり、それが現代に伝えられていることが素晴らしい。

 

胡蝶

 

四人の舞人が『胡蝶』を舞うなか、本物の蝶が舞台に加わった。

 

『胡蝶』が終わり、舞人が舞台から降りてもそのまま管絃が演奏される。『長慶子』も平安時代で源博雅作という。

 

長慶子

 


スポンサーサイト

  • 2017.07.17 Monday
  • -
  • 17:10
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM